避妊・去勢キャットフードってどうなのか?

うちの猫ちゃんは雑種の雌、約5歳です。
キャットフードは「ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア 子ねこから全ての年齢に ターキー」を与えています。今回初めて避妊・去勢タイプのキャットフードにしたので、まだ試したことがない方にご紹介したいと思い、記事にて紹介したいと思います。
 
 
避妊・去勢タイプのキャットフードにした理由

雑種、野良猫だったので最初はペットフード自体も与えていませんでした。
知識がなく牛乳をあげたり、シーチキンをあげたりしていたぐらいです。
本格的に家の中でかうことになり、かわいそうですが避妊手術も受けさせました。
獣医さんに人間の食べ物をあたえるのは絶対におすすめできないと言われ、それ以来ペットフードのお世話になっていますがそのときに手術のあとだったのでちょうどこれがいいかなと購入してみました。
 

手術後の様子は

 
手術後は性格が幼くなったように感じますが、こちらは単品であげるよりも他の製品と混ぜてあげることが多いためこれを与えたことが原因でなにかかわったと思えることはないです。
安い商品は探せばもっとあるのですがいつもコーヒーでお世話になっているネスレさんのものということや避妊手術を受けたからだに遭うように考えられた商品であることは与える側の安心感につながっています。
人間の勝手で手術させてしまってごめんなさいという気持ちもあります。
以前ホームセンターでうっている一番やすいドライフードをあげたら残すこともあったのでウェットフードを混ぜてあげるようにしていたのですがこちらはドライだけでも食べています。
キャットフードは家で買う猫にとって唯一の食べ物なので栄養がかたよらないように猫の唯一の楽しみでもあるとおもうので単調になりすぎないようにがっかりさせないようにいろんなものを買ってきては混ぜてお皿にいれています。
 
こちらの商品のように猫の体調にあわせたものを一つはとりいれるようにしています。
猫は家族の一員なの人間とおなじ御飯をいっしょに食べられないのはもどかしいですがペットフードにこだわることでちょっとでも大事な猫に寄り添えていると飼い主としては自己満足できます。
あまり安くないな、と思ってしまう商品ですがこれだけですべてをまかなうと高額になりますがいろいろ混ぜて使うとそこまで負担になりません。
中身が小分けになっていたりしてそういうちょっとした買い手に対する気使いもうれしくまた購入したいなと思わせます。
 
猫は口がきけない赤ちゃんのような生き物なのでちょっとした体の変化に気がついてあげられなかったりして何か気がついて病院につれていってからでは手おくれになったりしがちなので猫の体にいれるものは飼い主の責任だと思います。
できる範囲でですがこういった商品をとりいれることで少しでも長生きしてくれるかもと希望をもってかわいい猫のためにこれからも購入していきたいと思います。
パッケージも高級感あっていいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です